粗大ごみ、事業ゴミ、不用品回収等、激安で不用品を処分・回収の新誠商事

ゴミ処分のご予約・お問い合わせ

カード決済OK

見積り無料 最短当日

秘密厳守

カード決済OK!

事故物件の掃除、整理、原状回復に寄与する不用品回収

2019.2.18

リノベーション

 

不動産の賃貸または購入の際に注意したいのは事故物件との遭遇。

もちろん不動産業者には告知義務があるので、知らないうちに住んでしまうようなことはありませんが、あらかじめ事故物件の基本的な知識は頭に入れておいたほうがよいでしょう。

ここでは事故物件のいろはをご説明しておきます。なお私たち処分屋シンセイは事故物件の原状回復に遺品整理や不用品処分の立場から貢献しています。

目次

事故物件とは何か

不動産分野における「事故物件」というのは、事件、事故、火災などで人が亡くなった現場であることを示します。

原則として自然死や病死は事故物件とされません。

事故物件は一般的に人の死にまつわる「わけあり」、「いわくつき」の場所と受け止められており、
次の買い手や借り手が見つからなくなるため、不動産業者としては深刻な悩みの種となります。

また事故物件と似たものに瑕疵物件があります。瑕疵物件は「心理的瑕疵物件」と「物理的瑕疵物件」の2種類。

心理的瑕疵物件は事故物件のような事件、事故、火災による人の死に関係するものだけでなく、
隣に暴力団員が住んでいる、窓を開けると墓地が見える等の嫌悪すべき心理的瑕疵がある場合も含まれます。

一方の物理的瑕疵物件というのは建物自体に欠陥があったり、極端に立地条件が悪かったりする場合をいいます。
建物自体の欠陥とは雨漏りがしたり、白アリの巣窟になっているようなケースです。立地条件の悪さとは今にも崩れそうな崖の上とか、
近くに駅などの交通手段がないケースになります。

事故物件を抱えたオーナーは何をすべきか?

マンションや一軒家などの不動産物件を賃貸しているオーナーは、事故物件を抱えてしまったときにどうしたらよいのでしょう。

まず室内外に残された生活残渣を処分することが急務です。遺族や血縁者がいれば家財道具の処理を促し、いない場合はオーナーが自腹を切って処分しなくてはなりません。

それでも一刻も早く賃貸できる状態にしなくてはならないのです。不用品回収については私たち処分屋シンセイにご一報ください。

不動産管理会社は次の借り手を探すことになりますが、契約では事故物件であることを告知する義務があります。

事件、事故、火災等で人が亡くなった物件ということを聞くと、多くの人は回避することになってしまいます。

オーナーとしてできることは、賃貸料を大幅に下げるなど、事故物件であっても借り手がつくような工夫をすることです。

事故物件に住みたがる人も

世の中には奇特な人もいるもので、事故物件に住みたがるケースもあります。
ほとんどの場合が賃貸料の安さに魅かれるのが動機で、賃貸相場の半額や3分の1という例もあるようです。

東京郊外の駅に近いマンションで月19,000円などという例もあるそうなので、霊や因縁を気にしない人であれば、抜群の賃貸物件ということになるわけです。
他に芸人やライターなどが事故物件に住んでネタにする場合もあるようです。

部屋を原状回復させるのは誰?

事故物件になった家や部屋を原状回復させるのは誰の仕事になるのでしょうか。

部屋に血液や体液などが残されている場合は清掃会社の「特殊清掃」が必要になります。
床に体液が染み込んでしまった場合などは「リフォーム」が必要になることもあります。
残されたものが家財道具や物品であれば「遺品整理」ということになります。

すなわち清掃、改修、整理のプロフェッショナルがそれぞれ必要に応じて原状回復の仕事をすることになります。

事故物件で排出されるゴミや廃棄物と、その行き先は?

事故物件といっても、もともとは住人が普通の暮らしをしていた住まいです。

そこに残されたゴミや家財道具もあたりまえの物がほとんどです。多くのものが一般廃棄物として処分されますが、
なかには産業廃棄物と思われるものも見受けられます。いずれにしても法律や条例を守りながら、適切に処分しなくてはなりません。

廃棄物は最終的に焼却か埋め立てに行き着きます。事故物件から出たかどうかに関わらず、適切なルートで処理しなければなりません。

処分屋シンセイの事故物件への対応について

事故物件も含め、不用品の回収と処分は専門職人集団である処分屋シンセイにおまかせください。

処分屋シンセイは、リユース、リサイクル、リデュースの豊富なルートを持ち、モノを生かすことを第一に考えます。

そして一般廃棄物として廃棄処分する場合は、ゴミや廃棄物を排出した市区町村の許可を持つ業者と連携して処分しています。

事故物件がきれいに整理され、住まいとして通用するように原状回復できることを願い、処分屋シンセイは業務に取り組んでいます。

フリーダイヤル:0120389147無料回収 お問い合わせフォームはこちら