粗大ごみ、事業ゴミ、不用品回収等、激安で不用品を処分・回収の新誠商事

ゴミ処分のご予約・お問い合わせ

カード決済OK

見積り無料 最短当日

秘密厳守

カード決済OK!

オフィス移転、引越し先に持っていかないものはどうする?

2017.8.8

オフィス移転、引越し先に持っていかないものはどうする?

事務用品専用の買取り業者もありますが、そこで買取りしてもらえなかった場合でも処分屋シンセイでは格安の料金で回収が可能です。スチール家具などは持ち込みいただければ無料にてお預かりします。いずれにしても「アレはダメ、コレはダメ」がありません。オフィス移転の際はご一報いただければ、すべて処分屋シンセイにて無料回収または有料回収させていただきます。

よく出る不用品 ~ 処分屋シンセイの場合

引越し先に持っていかないものとは、すなわち処分するものということです。それについては売るか、捨てるかしかありません。そこでお役に立とうとしているのが処分屋シンセイのような不用品回収業者です。

オフィスが移転する際に処分を依頼されるものとしては、スチール家具や書類が多いのが特徴です。これらの処分品は、引越し業者では回収してくれません。なぜかというと、引越し業者は荷物を運搬するのが本来の仕事であって、不用品の回収や処分は余計な作業だからです。お客さまは引越しの忙しい時期に市区町村の規定に従って少しずつ不用品(不燃ゴミや資源ゴミや粗大ゴミ)を処分したくありません。そこで引越し業者についでに依頼しようとすると「それはご自分で」と言われてしまうのです。それには次のような理由があります。

【許認可の問題】

不用品回収業者は古物商や産業廃棄物回収・運搬の許認可を受けています。しかし引越し業者の多くは、それらの免許を持っていません。引越しと同時に不用品回収を引き受けると、場合によっては摘発される可能性があります。ですから引越し業者はオフィスを移転する際の不用品を引き取らないのが基本です。

【競合の問題】

そんなわけで引越し業者は不用品回収に消極的ですが、逆に不用品回収業者の側は体制(損害賠償保険等の準備、道具等の準備、社員教育など)さえ整えば、いつでも引越し業務を引き受けることができます。そのせいで引越し業者は不用品回収業者との競合を避ける傾向にあります。実際、オフィス移転の際は引越しの荷物よりも処分品のほうが多いお客さまも多く、そのような案件で相見積もりを取ると、私たち不用品回収業者のほうが落札するケースが多いのです。

【荷物混同の問題】

さらに引越し業者は作業や荷物が混同することを嫌います。「あれは新しいオフィスに持っていく」「あれはここに残す」「これは処分する」などという手間のかかる作業は、繁忙期に仕事が集中する引越し業界では避けたい仕事です。引越し業者は「引越しの荷物だけを渡してほしい」のが本音。引越しの荷物と不用品回収の荷物が混在するような現場を嫌うのです。

ということでオフィス移転の際に処分することになったスチール家具や書類については、処分屋シンセイのような不用品回収業者に声を掛けることをおすすめします。

オフィス移転で無料回収・買取できる不用品は?

オフィス移転の際に希望される不用品の無料回収・買取りについては現地調査が必要ですが、ほとんどが有料回収になることをご理解ください。無料回収・買取りできるものの代表的な例としては、オフィス家具やOA機器などが挙げられます。ただし程度の良いもの限定となります。

かしこくオフィス移転の不用品を処分する方法

オフィス移転の不用品処分にあたっては、安心して依頼できる業者の見分け方として、以下のようなポイントがあります。個人事業よりは法人のほうが信頼できるといった一般的な判断基準に加え、参考にしていただきたいと思います。

・個人情報や機密情報等の取扱いに長けている業者を選ぶこと。
・ある程度大型の車両を使用し、大人数で、短時間で回収作業をする業者を選びたい。
・搬出経路における損害賠償等、万一の場合の対応に不安のない業者を選ぶこと。

処分屋シンセイがオフィス移転で協力できるサービス

オフィス移転を考えているお客さまに対し、不用品処分業者として処分屋シンセイがご協力できることとしては、次のようなものがあります。

・無料回収および買取り査定
・無価値な物品の格安不用品回収

フリーダイヤル:0120389147無料回収 お問い合わせフォームはこちら