粗大ごみ、事業ゴミ、不用品回収等、激安で不用品を処分・回収の新誠商事

ゴミ処分のご予約・お問い合わせ

カード決済OK

見積り無料 最短当日

秘密厳守

カード決済OK!

 >  > 

産業廃棄物回収

産業廃棄物とはその名の通り「産業において廃棄される事業ゴミ」を指します。

産業廃棄物とはその名の通り「産業において廃棄される事業ゴミ」を指します。又、素材として産業廃棄物と見なされてもおります。代表的な物といえば「建築廃材や土木工事」で排出されるボードや石膏材質の物や、コンクリ材質や陶磁器材質の物などがそうです。

他にも廃プラスチックや鉱油、ビニールやゴム材質なども産業廃棄物となります。但し、豊富な取引先を持つ処分屋シンセイの場合、「そのままの形でリサイクル可能な材質の廃棄物」に関しては、産業廃棄物とはみなしません。例えば、廃プラスチックでも混じりけのない一部の物や木材単種積載、鉄骨及びスチール製品や紙製品等々の単種積載においてはワンランクお安いプランで承る事が可能です。

通常、産廃業者の回収作業は産廃コンテナといわれる大型の鉄箱単位での回収作業が一般的です。お客様の元に産廃コンテナを置いていき、いっぱいになると引き取りに来る。時に「入れてはいけない物が入っていた」と言われ追加料金を請求された経験をお持ちの方も多いかと思います。

我々処分屋シンセイでは、原則お客様の指定場所まで伺い、その場で手積みにより回収させて頂いております。こうする事で ①廃棄する量が少ない ②回収に来て欲しい場所がいつも異なる ③コンテナを置く場所が無い  ④予算が決まっている ⑤入れていいのかダメなのか分からない といったご要望にお応えさせて頂いております。

尚、定期的な回収をお約束させて頂ける場合、料金最安でなにより都合が良いと大変ご好評頂いております「処分屋シンセイ/業者プラン」がご利用になれます。毎月の廃棄物の処分費にご不満をお持ちのお客様は是非一度お問い合わせください。

※正規産業廃棄物収集運搬業者である処分屋シンセイでは、産業廃棄物の収集処分を承ります。廃棄に伴うマニュフェストのお取り寄せもご相談ください。

回収事例

これまでに回収した産業廃棄物の一例です。下記以外でもお気軽にお問い合わせください。

  • 事例建築現場
    建築現場等で排出された建築廃材の全ては、マテリアルとしてその資源価値がないモノは廃棄物C種/産業廃棄物となります。
  • 事例建築現場
    建築現場で排出された「ペンキ缶や溶剤などの残りや空容器」は、全て廃棄物C種/産業廃棄物となります。
  • 事例建築現場
  • 事例建築現場
  • 建築関連製品のデッドストック
    ※品物によっては、買取も激安回収も可能です。必ずしも産廃となるわけではありません。

  • 事例建築現場
    少量ならB種で回収/中・大量は産廃として処分となります。
  • 事例建築現場
    土納袋に入った「壁材やタイル等」建築現場で排出された物は、マテリアルとしてその資源価値がないモノは全て廃棄物C種/産業廃棄物となります。必ず分別してお出しください。
  • 事例火災
  • 事例火災
  • 火災等により、炭化してしまった物は全て産廃として取り扱いさせていただきます。
    ※火災が原因のゴミ処分の場合、まずはお住まいの地区の役所にお問い合わせしてみて下さい。

オプションサービス

オプションサービスについての詳細はこちら

お問い合わせから産業廃棄物回収作業までの流れ

お問い合わせ
お問い合わせフォーム、又はお電話でお問い合わせください
事業内容・廃棄物内容・ロケーション・姿(袋入り/バラ)を確認させていただきます
お見積り
おおよその料金を手軽にお電話 又は 確実にしっかりと出張見積り(無料)をお選びください
定期的にご利用になる場合は、割安な業者様プラン適用可能です。
弊社営業担当が無料出張見積もりに伺います
作業当日
お客様と現場において作業確認 ~ 作業開始
お客様の立ち会いが無くとも可能です。
完了後のお部屋の写真をメールでご覧になれます。
作業完了
作業完了、屋内清掃(※1)、お客様による現場チェック
作業完了時お立ち会い頂けず作業完了の場合は、法人契約無き場合は、先清算をお願いさせて頂いております
※1/ 屋内全処分の場合料金サービス
ご精算
現金もしくはクレジットカード(※2)にてご精算 または請求書発行による後日銀行振込(※3)
※2/ 作業当日までにお申し付けください
※3/ 法人様のみ可、法人間契約が必要となります

無料回収サービス

 >  > 

産業廃棄物回収

産業廃棄物とはその名の通り「産業において廃棄される事業ゴミ」を指します。

産業廃棄物とはその名の通り「産業において廃棄される事業ゴミ」を指します。又、素材として産業廃棄物と見なされてもおります。代表的な物といえば「建築廃材や土木工事」で排出されるボードや石膏材質の物や、コンクリ材質や陶磁器材質の物などがそうです。

他にも廃プラスチックや鉱油、ビニールやゴム材質なども産業廃棄物となります。但し、豊富な取引先を持つ処分屋シンセイの場合、「そのままの形でリサイクル可能な材質の廃棄物」に関しては、産業廃棄物とはみなしません。例えば、廃プラスチックでも混じりけのない一部の物や木材単種積載、鉄骨及びスチール製品や紙製品等々の単種積載においてはワンランクお安いプランで承る事が可能です。

通常、産廃業者の回収作業は産廃コンテナといわれる大型の鉄箱単位での回収作業が一般的です。お客様の元に産廃コンテナを置いていき、いっぱいになると引き取りに来る。時に「入れてはいけない物が入っていた」と言われ追加料金を請求された経験をお持ちの方も多いかと思います。

我々処分屋シンセイでは、原則お客様の指定場所まで伺い、その場で手積みにより回収させて頂いております。こうする事で ①廃棄する量が少ない ②回収に来て欲しい場所がいつも異なる ③コンテナを置く場所が無い  ④予算が決まっている ⑤入れていいのかダメなのか分からない といったご要望にお応えさせて頂いております。

尚、定期的な回収をお約束させて頂ける場合、料金最安でなにより都合が良いと大変ご好評頂いております「処分屋シンセイ/業者プラン」がご利用になれます。毎月の廃棄物の処分費にご不満をお持ちのお客様は是非一度お問い合わせください。

※正規産業廃棄物収集運搬業者である処分屋シンセイでは、産業廃棄物の収集処分を承ります。廃棄に伴うマニュフェストのお取り寄せもご相談ください。

回収事例

これまでに回収した産業廃棄物の一例です。下記以外でもお気軽にお問い合わせください。

  • 事例建築現場
    建築現場等で排出された建築廃材の全ては、マテリアルとしてその資源価値がないモノは廃棄物C種/産業廃棄物となります。
  • 事例建築現場
    建築現場で排出された「ペンキ缶や溶剤などの残りや空容器」は、全て廃棄物C種/産業廃棄物となります。
  • 事例建築現場
  • 事例建築現場

建築関連製品のデッドストック
※品物によっては、買取も激安回収も可能です。必ずしも産廃となるわけではありません。

  • 事例建築現場
    少量ならB種で回収/中・大量は産廃として処分となります。
  • 事例建築現場
    土納袋に入った「壁材やタイル等」建築現場で排出された物は、マテリアルとしてその資源価値がないモノは全て廃棄物C種/産業廃棄物となります。必ず分別してお出しください。
  • 事例火災
  • 事例火災

火災等により、炭化してしまった物は全て産廃として取り扱いさせていただきます。
※火災が原因のゴミ処分の場合、まずはお住まいの地区の役所にお問い合わせしてみて下さい。

オプションサービス

お問い合わせから不要品回収作業までの流れ

お問い合わせ
お問い合わせフォーム、又はお電話でお問い合わせください
廃棄物の内容・ロケーション・全体量を確認させて頂きます
お見積り
おおよその料金を手軽にお電話 又は 確実にしっかりと出張見積り(無料)をお選びください
定期的にご利用になる場合は、割安な業者様プラン適用可能です。
弊社営業担当が無料出張見積もりに伺います
作業当日
お客様と現場において作業確認 ~ 作業開始
お客様の立ち会いが無くとも可能です。
完了後のお部屋の写真をメールでご覧になれます。
作業完了
作業完了、屋内清掃(※1)、お客様による現場チェック
作業完了時お立ち会い頂けず作業完了の場合は、法人契約無き場合は、先清算をお願いさせて頂いております
ご精算
現金もしくはクレジットカード(※1)にてご精算 または請求書発行による後日銀行振込(※2)
※1/ 屋内全処分の場合料金サービス
※2/ 作業当日までにお申し付けください
※3/ 法人様のみ可、法人間契約が必要となります