粗大ごみ、事業ゴミ、不用品回収等、激安で不用品を処分・回収の新誠商事

ゴミ処分のご予約・お問い合わせ

カード決済OK

見積り無料 最短当日

秘密厳守

カード決済OK!

不用品とは?

2017.6.13

不用品とは?



不用品とはいったい何か

不用品とは、壊れるなどして本来の目的に用いることができず、所有者にとって必要のなくなったものをいいます。言い換えるならば「ゴミ」そのものです。私たち人間の生活において使われているあらゆるものが、いずれはその役目を終え、不用品になります。


不用品の種類

一般廃棄物(家庭から出るゴミ)処理業者や産業廃棄物(事業所から出るゴミ)処理業者が不用品として取り扱う代表的な物品には、次のような種類があります。処分屋シンセイなら、これら全てのリサイクルor処分が可能です。

【家具】

タンス、クローゼット、キャビネット(食器棚)、ベッド、テーブル、ソファなど

【家電】

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、エアコン、オーディオ機器など

【書籍・雑誌】

単行本、文庫本、ムック本、雑誌、辞書、百科事典など

【食器】

碗、皿、引出物など

【乗り物】

自転車、バイクなど

【植物】

草花、植木、盆栽など

【造作物】

物置、遊具、ウッドデッキなど

【その他】

人間の生活で使用されたあらゆる物品


不用品と不要品の違いとは

私たちは普段あまり意識せずに使っていることが多いのですが、 「不用品」と「不要品」という言葉があります。 不用品は「用いることができない品」のことで、 本来の使い方ができなくなったもの、すなわちゴミということになります。 もう一方の不要品は「持ち主にとって必要なくなった品」のことを指し、 まだ使える状態のものをいいます。 したがって不要品はリユースやリサイクルが可能な場合もあります。

不用品と不要品の違いに神経質になるケース

一般家庭が市区町村のゴミ収集に粗大ゴミを出すとき、 粗大ゴミの区分が不用品か不要品か気にする人がいるようです。 市区町村のゴミ収集は使えるものも壊れているものも引き取るので、 不用品であろうと、不要品であろうと、いずれも処分してもらえます。 ただし当然のことですがゴミとして引き取るので 買取ってもらえることはありません。 粗大ゴミを無料で出せる自治体もありますが、 多くの場合はわずかながら処分料金を払うことになります。

なお、リサイクルショップなどのお店に物品を持ち込む場合は、 不用品と見なされればゴミとして断られ、 まだ使える不要品と判断されれば 有料か無料かは別として引き取ってもらえることになります。

処分屋シンセイは、不用品も、不要品も、お引き取りします。 不用品は法律に従って正しく処分しています。 不要品はなるべく活用できるようにルートを豊富に用意していますので、 無料回収あるいは買取可能となる場合もあります。


不用品と不要品の行き先は

不用品→ゴミ処理場

そして焼却、埋立て、再資源化などに向かいます。

不要品→リユースorリサイクル

まだまだ使えるうちは本来の役割を果たします。

というように不用品と不要品の進む道はおおむね見えていますが、 不要品の場合、もうひとつの道があります。 それは、寄付です。 その物品が本来の目的に使えるのであれば、 困っている人、欲しい人に、寄付するという手があります。 日本では見向きもされないものが、海外、特にアジアの発展途上国などでは喜んで受け入れられます。 家財道具や家電などは特に感謝されています。私たち日本人は寄付するという行為にあまり慣れていませんが寄付をコーディネートしている団体を利用すれば安心して寄付できます。

ただし、こうした団体に引き取りを依頼する場合は回収することができる物品と、できない物品があることを知っておきましょう。また団体までの送料や持ち込む場合の交通費を負担しなければならない場合もありますので事前にしっかり調べておくとよいでしょう。

寄付について少しでもわからない点があれば、該当する団体によく確認することをおすすめします。

 

処分屋シンセイは
不用品と不要品のいずれも引き取り大歓迎!
しかも豊富な行き先の確保で安心!
ご相談に対しても、処分する人の立場からアドバイスいたします。