粗大ごみ、事業ゴミ、不用品回収等、激安で不用品を処分・回収の新誠商事

ゴミ処分のご予約・お問い合わせ

カード決済OK

見積り無料 最短当日

秘密厳守

カード決済OK!

引越しの際に出る不用品の処分は誰に任せるべきなのか?

2017.7.5

引越しの際に出る不用品の処分は誰に任せるべきなのか?



引越し業者は不用品を引き取らない

不用品を処分する絶好の機会が引越しです。もし引越しをすることになったら、その機会に部屋の中をスッキリさせたいものですね。ところで、引越し業者によっては不用品を引き取ってくれないところがあるのをご存知でしょうか。引越し業者の公式サイトには「粗大ゴミは自分で処分すること」と書いてあるところも多いようです。


なぜ引越し業者は不用品の引き取りを拒むのでしょうか。実は、それが本来の姿だからです。彼らは荷物を運搬するのが仕事。お客さまの立場からすれば、引越し前のバタバタしている時期に市区町村のルールでチマチマ処分していられないというのが本音です。「一気に引越しも不用品処分もしちゃいたい」のが人情。しかし引越屋さんは「ご自分で」と言う・・・。それには次のような理由があります。

許認可の問題

実のところ、引越し業者が古物商や産業廃棄物回収・運搬の免許を持たずに、引越しと同時に不用品回収を請け負い、摘発された事件が数年前にありました。もしかすると儲け主義でリサイクルのネットワークもないままに、回収した物品を山積みにしていたのかもしれません。この事件以降、引越し業者が不用品回収というサービスにナーバスになったようです。

競合の問題

万が一に備える損害賠償保険等の準備、道具等の準備、そして教育さえ積めば、私たち処分屋シンセイのような不用品回収業者でも、引越し作業を請け負うことができます。そんなこともあり引越し業者は不用品回収業者との競合をなるべく避けたいようです。実際、引越しの荷物より処分品のほうが多いお客さまも多く、そのような案件で相見積もりを取った場合、私たち不用品回収業者に軍配が上がるケースが多いためです。

混同の問題

もうひとつ、引越し業者は作業が混同する事を嫌います。例えば、あれは残す、これは処分、これは新居に…などという細かい手間のかかる作業は、繁忙期に仕事が集中する引越業界には痛手になります。「引越荷物のみを部屋に残してほしい」のが彼らの本音なのです。また、引越し荷物と不要品が混在し、不用品回収業者とバッティングするのを嫌うという理由も考えられます。



引越しの際に出る不用品はどこに頼むのが正解なのか?

不用品の処分であれば、引越しであろうとなかろうと、もちろん私たち処分屋シンセイにご依頼ください。引越しという節目では、まだ使用できる物品であっても、この機会に処分しようとするお客さまが多いと思います。つまり、それは「不用品」ではなく「不要品」。壊れるなどして本来の目的を果たせなくなった「不用品」ではなく、所有者が不要になったもののまだまだ使える「不要品」なのです。引越しこそ、私たち処分屋シンセイが提供している無料回収サービスの使い時ではないでしょうか。有料処分と無料回収を比べれば、トータルで考えた場合の激安処分が可能になります。



引越し料金全体を安くする方法は?

引越し料金は、高いより安いほうがうれしいのはあたりまえです。実は不用品回収を絡めることで、引越し料金全体を安くする方法があります。もし近隣地域への引越しであれば、不用品回収業者で引越しをやってくれる業者を探してみるとよいでしょう。不用品回収とセットであれば、言葉は適切でないかもしれませんが「ついでの作業」として引き受けてくれることがあり、かなり安く上がります。ただし業者を選ぶときに注意すべき点があります。


注意点①
万が一の場合、責任が取れる保険加入の業者かどうか。
注意点②
引越し作業用の道具を持ち、過去に経験のある業者かどうか。


なお全国に支店があり、積み替えピストン輸送等でコストを下げて引越しを行う引越専門業者とは異なり、不用品回収業者の行う引越しサービスは、遠方への引越しは受けない業者が多いので注意が必要です。

処分屋シンセイは家財保険と引越し荷物賠償保険に加入しており、引越し作業経験が豊富で設備も完備しています。ただし地域密着(神奈川県・東京都・山梨県の一部・静岡県の一部)のため遠方不可となります。具体的なエリア等はお問合せください。


不用品回収業者と引越し業者を併用する場合は、安くするためのコツがあります。まず不用品回収業者を呼び、処分する予定の物品を先に処分してしまいします。そして引越し業者を呼び、見積もりを取ります。そうすると見積もりの際に確実な数字が出て、当日の追加荷物などが増えません。しっかり交渉して安くて確実な見積もりをもらうようにしましょう。